CONCEPT

今日の我が国は不自由なく恵まれた生活のできる経済的にはとても豊かな国家です。しかし、いじめや差別による自殺、激増する殺人や争いなど社会は多くの問題を抱え、人々の精神的な面では決して豊かとは言えない国家であることも事実です。
このような時にこそ、私たちは心の豊かさを培う必要があると思います。

日本ゴスペル音楽協会の第一の目的は、「ゴスペル音楽」をとおして健全な精神と豊かな心を育んでいくことと、我が国の文化水準のさらなる向上を目指すことを目的としています。

「ゴスペル音楽」は<愛><喜び><希望><平和>の
メッセージを届ける音楽です。

「ゴスペル音楽」を共に学ぶことは共に歌う仲間との<一致感>を醸成しますし、 協力し合ってパフォーマンスの質を向上させていくことは<達成感>に繋がります。互いに<情熱>をもって「ゴスペル音楽」に取組むことは素晴らしい<友情>を育んでいくことになります。
「ゴスペル音楽」を媒体として本当の<愛>、心からの<喜び>、未来への<希望>、心の<平和>を得ていくことは個々の人生に潤いを与え、人生の質を向上することになります。 個々の人生が豊かになることこそが、国家全体の文化水準の向上に繋がるのです。

日本ゴスペル音楽協会では、ひとりでも多くの方々に「ゴスペル音楽」に触れる機会を
提供するための仕組みを構築してまいります。

日本ゴスペル音楽協会の第二の目的は、日本から世界へ、「ゴスペル音楽」を発信する拠点を創造することです。

「ゴスペル音楽」は米国発祥の黒人音楽ですが、 現在では世界中の人々に愛されています。特に日本では愛好者が多く「日本のゴスペル音楽」として独自の進化を始めています。日本人は海外から輸入した物や技術を日本独自の 繊細な感性や器用さで発展進化させオリジナルよりも遥かに上質なものに昇華させる特殊な能力をもった国民です。日本発の「ゴスペル音楽」も近い将来、 世界中で演奏されるようになるでしょう。今まではアメリカが世界の「ゴスペル音楽」の唯一の中心地です。これからは日本が世界の「ゴスペル音楽」の 新しいもう一つの中心地として活躍していかなくてはなりません。そのための拠点を創造してまいります。
日本の「ゴスペル音楽」が発展進化していくためには多くのエキスパートが必要になります。経営、運営、ファイナンス、人材マネージメント、医学、体育、国際文化ネットワーク、 社会貢献、言語、文学、建築、美術、そして音楽、多種多様な分野のエキスパートの英知を結集する必要があるのです。

日本ゴスペル音楽協会では、優秀な人財の発掘と育成をおこない、
「ゴスペル音楽」を日本から世界に発信する拠点を創造してまいります。